image

henro Henro

35番札所 医王山 鏡池院 清瀧寺

基本情報

養老7年(723年)、行基が薬師如来を刻み、開基したお寺。

その後、弘法大師が7日間修行をし、満願の日に金剛杖で壇前をつついたところ、

清水がわいて鏡のような池になったことから、現在の名がついたといわれている。

このお寺は厄除けの名刹(めいさつ)として知られ、多くの人が祈願に訪れる。

Check!

像高約9メートルもある薬師如来像は迫力満点。

台座の中にある狭い108段の階段を、お経を唱えながら手探りで進む「戒壇めぐり」をすれば、

厄除けにご利益があるといわれている。

image 記事の一覧に戻る