image

henro Henro

36番札所 独鈷山 伊舎那院 青龍寺

基本情報

弘法大師が弘仁年間(810~824年)に建立したお寺。

本尊にある不動明王は、弘法大師が唐(現在の中国)に船旅をして暴風雨に遭遇した際、

波を鎮めてくれた不動明王を模したもの。

今でも地元の漁師は青龍寺の方向に船を停め、安全や豊漁を祈願し、漁に出ている。

Check!

「青龍寺」は、弘法大師が唐(現在の中国)へ赴き、修行したお寺と同じ名前。

帰国の際、「寺院建立に景勝の地に留まりたまえ」と投げた独鈷杵(仏具)が、

現青龍寺の敷地内の老松にかかっているのを見つけ、建立した。

image 記事の一覧に戻る